キャンプ用品大百科

キャンプ場の選び方

 トップページ > キャンプ場の選び方
 キャンプ場の選び方のポイントは色々あります。キャンプ場の施設が充実しているところに行きたい、目的地に近いキャンプ場に行きたい、空いているキャンプ場に行きたい、寝るだけでいいなど様々です。家族で楽しい時間を過ごしたいなら綺麗で充実したところが良いですよね。ここではキャンプ場の選び方についてのポイントを紹介します。
 テントサイトにはフリーサイトとオートサイトがあります。フリーサイトの多くは車の乗り入れを禁止しており、テントサイトまで荷物を運ぶことになります。またオートサイト(区画サイト)は一区画に一台分の駐車スペースを設けてあります。ただ、自然の中でのキャンプなのに隣の区画がすぐ近くで隣人に気を使うことが多々あります。上の写真の左がフリーサイト、右がオートサイトです。

 またテントを建てる場所の多くが芝生で出来ています。これは芝生が寝心地が良いためですが、テントサイトによっては芝生ではないところも多いです。

  • 芝生・・・クッション性が良く、寝心地が良い。またペグの刺さりも比較的良い。
  • 土 ・・・寝心地は比較的良い。湿っている場合に汚れが付きやすい
  • 砂利・・・寝心地が悪いが、テントなどに汚れが付きにくい。
  • 砂 ・・・夏は非常に熱くなるため注意が必要
 上記のような特徴を良く理解して利用してみましょう。

 また夏休み以外は比較的空いていることも多く、現地に着いてテントサイトをぐるりと車で回って、ここ良いかも!?と見てからその場で申し込みをすることも比較的失敗せずに済みます。

 基本的にキャンプは自分で何でもやるから楽しいのですが、キャンプ場の施設に何があるか程度は選ぶ基準に加えるのも十分良い考えだと思います。
  • トイレ
 比較的新しいキャンプ場の多くは水洗トイレが多いです。ただ古いキャンプ場では汲み取り式のトイレもあり、綺麗な女性を連れて行く場合があれば注意が必要?です。
  • シャワー
 トイレ同様、シャワーを備えたキャンプ場が多くなりました。無料だったり有料だったり、24時間使えたり使えなかったり様々です。ここもキャンプ場を選ぶ際確認する必要があります。
  • 売店
 キャンプ場についてみると忘れ物がちらほらあることが多いですが、売店のあるところでは結構揃っていたりします。また冷えたビールなども売っているためキャンプ場選びのポイントにもなります。ただ閉店時間が結構早いところが多いため閉店時間は確認しておく必要があります。
  • 子供の遊び場
 キャンプ場だけあって、子供連れをターゲットにした施設も多いです。ジャングルジムなどの遊具があったり、中にはパターゴルフなども出来るところがあります。キャンプ場で遊びたい!っていう方は色々と選んでみましょう。
  • キャンプ用品のレンタル
 テントや寝袋などキャンプ用品の多くをレンタルすることが出来るところもあります。キャンプ初心者の方は最初は大々的に買うのではなくこういうレンタルを利用するのも有効だと思います。

 キャンプ場によっても色々です。皆さんも自分に合ったキャンプ場を見つけてみてください。

Copyright & copy;キャンプ用品大百科 All Rights Reserved.